エアコンの仕組み

エアコンは部屋に設置する室内機と、部屋の外に設置する室外機を連結して、
室外機で冷やした冷媒と呼ばれる気体を、パイプを通して室内機に送り込むことで、
冷却器と空気を冷やすことが出来ます。
冷媒は、熱を屋外に逃がして、室内の冷房をする役目があります。
この、室外機と室内機を結ぶパイプを満たしている冷媒、ここにフロンが使われています。

このエアコンで使われるフロンが、不要になったエアコンの廃棄時、
大気中に放出されて過去には、フロンが環境問題の原因の一つとなっていました。
そこで、エアコンの冷媒も、フロン(R22)から代替フロン(HFC / R410A)を
使用した機種へと移行が進んでいます。

この結果、エアコンの取り付け方法に、大きな違いが生まれました。
エアコンの設置作業を行うとき、冷媒が通るパイプを、室内機と室外機に連結設置します。
このパイプは最終的には、完全に冷媒で満たされていなくてはなりません。

空気や不純物が入り込んではいけないのです。
空気中の水分や微細な不純物が、コンプレッサーの冷却により氷になります。
それが、エアコンの内部に詰まり、傷を付けて故障の原因になります。
それを防ぐため、配管に残った空気を取り除き、冷媒で満たす作業をします。
この作業を、空気を取り除くという意味で「エアパージ」と呼びます。
特に代替フロンを採用した機種では、この部分に対する施行作業の工程の要求が、非常にシビアになったのです。

エアパージという作業

これまでのR22フロンを使用していたエアコンでは、単純にパイプを接続、室外機に
あらかじめ充填されているフロンガスのガス圧で空気を押し出す手法が使われてきました。
この方法なら複雑な工具も時間も要らず、簡単に空気を抜くことができました。
この方法では、ガス圧に頼るため、不必要にフロンを放出されてしまします。
また、完全に空気や水分、不純物を除去できずに、多少それらが残ってしまいます。

現在の代替フロンを使用したエアコンでは、それらの不純物の除去に非常にシビアなため、
「ガス圧方式」を推奨していません。故障の原因や性能低下の可能性があるからです。
一台の室外機を共有するマルチエアコンタイプの機種などでは
、確実に、性能が落ちると、考えられています。

正規な方法は、いわゆる「真空引き」や「真空ポンプ方式」と呼ばれるものです。
パイプを接続後、真空ポンプを使用して配管内の空気を、可能な限り取り除いて、
その後、冷媒を充填させる手法です。
この方法は、専用の機材が必要なこと、ポンプによる真空化のために手間がかかります。

エアコンの取り付けをDIYでする方法の解説では、ほとんどは合格点以下の水準です。
ところが、実際には、ほとんどの量販店での取り付けが依然として、
ガス圧方式を採用しているエアパージが行われています。

真空ポンプによるエア抜きが20~30分かかります。
真空ポンプも高価な機械ですから、自転車の空気ポンプのような手動式のポンプを使うと、
大汗をかくようなキツイ作業になります。
作業時間は、1時間前後増えることになっています。
1日で作業処理が可能な作業件数が減少するため、激しい価格競争にある量販店では、
簡単に、「真空引き」の方式の導入に踏み切れない事情があるのか、
暗黙の了解で黙殺されているのが現状です。
特に、価格を前面に押し出したようなディスカウント量販店では
「エアコン取り付け費用無料!」をセールスポイントにしている販売店などは、
かなりの確率で真空引きを採用していないと考えられます。

真空引きでお願いします

エアコンの工事料金が1万円前後と安い場合は、要注意です。
実際には2~3万円程度の工賃がかかってもおかしくない工事です。

大手の量販店であれば、実は付加料金表などを見るときちんと
「真空引き作業」などとして工賃が記載されていたりしています。
平均して1~2万円程度の追加出費となりますが、場合によっては
数年で故障の原因となる可能性もある重要な作業なのですから、
後で後悔しないようにしましょう。

そもそも、工事にきちんとした手数料を払うことで手抜き工事を減らすことができます。
頼み方は単純に「設置の際はきちんと真空引きでお願いします」と言えばいいだけです。
きちんとした店なら「はい、承知しました」という返事がきます。
正直な、お店の場合は、追加の作業料金を請求してくると思います。
知らないことにしようとするようなお店は、いろいろな意味で信用できないので、
購入をやめた方が無難です。