引っ越しや住宅購入時、必要になるのがエアコンの取り付け作業です。ですが中々素人には難しい作業なので、専門の業者への依頼が必要になります。そりゃ頑張って自力でやろうとすればネットや本で調べて行う事も可能ですがとても時間がかかってしまいますし、もし間違ってしまうときっとどこを直していいのか分からなくなり、悲惨な事になってしまうでしょう。さて円滑にエアコン取り付け作業を行うための業者への工事の依頼はいくらくらいかかるのでしょうか?

相場は1万5千円から2万円

エアコン取付工事は電気店などで受付しています。おおまかな相場としては1万5千円から2万円程度ですが、店舗や業者により変動があるようです。また、各住宅やマンションによって状況が異なりますので、工事にかかる手間が変わります。手間がかかればかかる程費用が高くなり、簡単な工事程安くできますので費用にばらつきが生じるようです。

壁の種類や配線の穴が空いているかどうかで価格は変わる

費用がどこで変わるか?それは壁の種類や配線の穴が既にあるかどうかで変わります。石膏ボードのような穴を空けやすい素材ならば簡単に穴が空くので費用は安く済みますが、壁がコンクリートなど容易には穴が空けられないものだと手間がかかりますからその分費用が高くなります。元々穴が空いていれば、穴を空ける手間そのものを省けますから当然費用が安くなります。

室内機と室外機を違う階層に置くと費用が高くなる

室内機と室外機が同じ階層にあると費用は安く済みますが、室外機を置く場所がないなどの理由で違う階層に置く場合は費用が高くなります。その理由は室内機と室外機を繋げるための配線を長くしなければならないことやそもそも工事が難しくなることなどが挙げられます。費用を抑えるためにもできるだけ同じ階層に置きたいものです。

エアコンのパワーが大きい程費用が高い

エアコンのパワーはkw数を見れば比較が可能です。基本的にkw数が大きな程パワーが出ますが、その分工事費が高くなります。乾電池が大きなもの程値段が高くなるようにパワーが大きくなるとそのパワーを出すためにはその分大がかりな装置が必要になります。その大がかりな装置を取り付けるための手間が工事費に反映されているのです。そのため部屋や住宅が広々としている程に、エアコンもパワーが大きなものが必要となるため結果的に工事費も高くなります。