夏も暑くなると、量販店ではエアコンのセールスに勢いがありますよね。実際に7月から8月にかけては、エアコンは家電製品でも主力製品で売上の大きな割合を占めます。後は、新製品の展開が早く、前年に発売されたエアコンは、ものすごく値崩れをします。エアコンに涼しさだけを追求するのであれば、あるいは、新機能を求めていないのであれば、旧製品でも全く問題がないところがエアコンという家電のいいところといえると思います。

ただ、エアコンを購入する場合、引越しした場合にでも、新しく購入した場合でも、エアコンを買ったお店で、取り付け日をいつにするのかという確認がありますよね。特にエアコンの場合は、重いですし、壁の上に取り付けるということもあり、また、室外機とエアコン本体をつなぐために、壁に穴を開けるということもありますので、販売をした方もその辺りはしっかりと決めます。

では、実際にエアコンの取付にどのような費用がかかるのかということをチェックしてみましょう。

エアコン取り付けの一般的な費用

エアコンを取り付ける費用というのは、標準で10,000円〜15,000円ほどですが、実はオプションに様々な費用がかかります。要は、エアコンを取り付けると言うのは、基本的に普通に取り付けるというだけでは、プロであれば簡単に設置ができますし、その場合であれば、10,000円〜15,000円程度ですみますけれども、それ以外の作業が発生をすれば、当然費用がかかってきてしまいます。

オプションが色々ある

次に、別途費用がかかってしまう場合の工事にはどのようなものがあるのかということをご案内します。まず、エアコンと室外機をつなぐ配管は通常4mとされていますので、それを超える場合には費用を請求されることがあります。また、新しくエアコンを購入した場合に、古いエアコンをまず外さない溶けませんから、それにも通常費用がかかりますし、引き取って貰う場合にも引取料が発生をします。

また、エアコン用のコンセントとは、一般的に家庭で配置されているコンセントよりも電圧が高い必要があります。もし、設置する際にエアコン用のコンセントがない場合には、設置する必要があります。更には、マンションの場合には通常エアコン用の穴が付いていますが、一戸建て住宅の場合には付いていないこともありますので、その場合に穴をああける作業にも別途費用がかかります。

安くエアコンをゲットするには、量販店の動向をチェックしよう

このようにエアコンには様々な費用が発生しますし、それらの費用も決して安くはありません。一番費用がかからない方法としては、量販店がエアコンを売るのに躍起になっている時がベストでしょう。こういう時に限って、様々なサービスが提供されるので、量販店の動向をチェックしておくというのは、エアコンを効率的に購入する良い手段ということがいえます。