最適な容量を見極める

適切なエアコン容量を見極めることが、エアコン選びの大事なポイントです。
メーカーのカタログに記載してある情報を参考にします。
部屋の大きさが目安として記載されています。

最低限チェックしたい項目は

「畳数の目安」

「能力」

の2点です。

エアコンの能力は(3.6kWなど)kWで表されます。
そしてこの能力に対し、畳数の目安の掲載があります。

その数値の意味

畳数の目安表示に注意

一番、参考にするのが、この「畳数の目安」でしょう。
しかし、この数値の意味には、若干の説明が必要です。
ここに【8~10畳】と記載があった場合
8~10畳の部屋に適しているという意味ではありません。
「木造なら8畳・鉄筋なら10畳」という意味となります。

能力(kW)は最大値と幅に注目

冷房能力・暖房能力ともに、この数値が大きいほど、パワーが強く、
広い部屋にも対応できるという意味です。

また、枠外に記載されている「低温暖房能力」にも注目してください。
枠内にある暖房能力は、通常外気温7℃/室温20℃時の能力を表していますが、
より寒い時の能力がわかる数値として、外気温2℃/室温20℃時の能力を表しています。
大きいほど暖房能力が高いと判断できます。
暖房にエアコンをメインで使用する場合は、この数値は要チェックです。
しかし、これだけでは不十分なのです。
より最適な容量を見極めるには、もう少し細かい条件を加えていかなくてはなりません。

容量を決める際のポイント
  • 建物の種類(木造・鉄筋)
  • 建物の断熱性能
  • 部屋の向き
  • 窓の大きさ

これらを公式に従って計算すると、適切な容量が算出できます。
自分で計算するのは大変です。
これらの条件を伝えて販売店の人や設備業者の人にアドバイスをもらいましょう。

適切な能力のエアコンを選ばないと、
いくら運転しても全然部屋が冷えない・暖まらないということになります。

エアコンの「省エネ度」チェック

最近のエアコンは、以前のものと比べると消費電力がかなり少なくなりました。
その中でも、多少の差はあります。
エアコンを、どうせ買うなら省エネタイプにして、電気代を節約しましょう。

エアコン選びに「省エネ度チェック」は必須項目です。
省エネ度は、カタログや店頭に表示されている項目でチェックできます。

統一省エネラベルを確認する!

エアコンは「統一省エネラベル」に指定されている品目です。
省エネラベリング制度で定められている
「省エネ基準達成率・エネルギー消費効率」の他、
「多段階評価」
「年間電気料金」など、
省エネ情報の表示が義務付けられています。
まずは、それらの表示をしっかり確認しましょう。

省エネ基準達成率

省エネ基準(目標値)をどれくらいクリアしているかを「%」で表示しています。
数値が大きいほど省エネの機種といえます。
エアコンの場合、冷房能力により
【2.2kW・2.5kW・2.8kW・3.6kW・4.0kW・4.5kW・5.0kW・5.6kW・6.3kW・7.1kWh】
と10段階に区分されています。
さらに、家庭用としてよく使われる【4.0kW】以下には、
本体寸法により【寸法規定】と【寸法フリー】という区分もあります。
それぞれに目標値が異なります。
※「寸法規定」は、横幅寸法800mm以下・高さ295mmのコンパクトなタイプ。
それに対し、寸法に規制がないものが「寸法フリー」となります。
ちなみに、エアコンの本体がコンパクトな方が省エネ性能を上げるのが難しいため、
「寸法規定」のものより「寸法フリー」の方が、高い目標値が設定されています。
このように、あくまで同じ区分内での比較には有効ですが、
区分をまたいで比較する場合は注意をしてください。

多段階評価

店頭での表示が義務付けられている「統一ラベル」には、
省エネ性能を★の数で表示しています。
エアコンの場合、省エネ基準達成率により★の数が以下のように決められています。

★★★★★ 121%以上

★★★★  114%以上121%未満

★★★   107%以上114%未満

★★    100%以上107%未満

★     100%未満

★の数が多いほど、省エネ性能が優れている機種と理解してよいでしょう。(2012年12月時点)

エネルギー消費効率(APFまたはCOP)

より正確に省エネ性能を知るには、
「エネルギー消費効率」という数値を参考にしてください。
エアコンの「エネルギー消費効率」を表す数値には、
以前から使用していた【COP=エネルギー消費効率】と、
2007年度から使用されている【APF=通年エネルギー消費効率】2つの種類があります。
※2012年目標年度の製品からは、実使用の評価により近い数値ということで、省エネ評価はすべて【APF】に統一されています。

COPとAPFは、数値の出し方に違いがあるので同じものではありませんが、
数値が大きいほど優秀な機種という意味は同じです。
1のエネルギーが何倍のパワーになるかを数値で表していると理解しましょう。
この数値が大きいほどエネルギー効率がよい省エネ型の機種ということになります。

実はこの数値、省エネ達成率より重要なのでよく確認してください。
例えば、次のスペックを比べてください。
この2機種の数値を見ていくと……

  • 10畳:3.6kWの場合 「達成率」108%「APF」6.3
  • 12畳:4.2kWの場合 「達成率」116%「APF」5.7

達成率では、12畳・4.2kWの方が優秀に見えますが、
「APF」では10畳・3.6kWの方が効率がよいということがわかります。
このように、達成率はあくまで「目標値に対しての達成率」ですので、
必ず【APF】と合わせて確認するようにしましょう。

エアコンの必要な機能を選ぶ~センサー・除湿・気流

エアコンとは「冷房・暖房・除湿」の3つの働きをするものです。
現在、大半のエアコンは、これら3つの運転を、温度や湿度に応じて自動で選択する
「自動運転」が標準搭載されています。
これは、効果的な運転により、省エネ性にも大きく影響します。

省エネにも大きく貢献する「センサー」機能

「自動運転」をするために、エアコンには温度や湿度を感知するセンサーが付いています。
しかし最新のエアコンはそれだけはなく、
「人のいる位置・人の運動量」までも感知するセンサーが搭載されています。
これにより、人のいる場所に限定して冷暖房が可能になり、
動いている人と寝ている人で温度を変えるなど、
自動コントロールが可能な機能が搭載されて、
より快適で省エネな運転を実現しました。

さらに、省エネ運転になる「エコ運転」、
就寝中の「ナイトモード」などを搭載している機種も増えましたので、
上手に取り入れると便利で快適になるでしょう。

霧ヶ峰ムーブアイ ZWシリーズ(三菱電機)

センサーで、床の温度や人の位置をくまなくサーチ。
人の居場所・動きに加え、窓からの距離を測ることで、窓際の冷暖房は強く、
センサーで体感温度を見極め、送風と冷暖房を切り替える「ハイブリッド運転」など、
状況に応じた省エネ運転を実現しました。
2013年製品は、人が居ないと速やかに、パワーダウンします。
人がエアコン前に立つと自動でONする「スマートSTOPシステム」で省エネを提案。
エアコン操作はリモコンレスの時代が予感できます。

エアロボ Xシリーズ(パナソニック)

2012-13モデルは、業界初、スマホと連動したエアコンを発表。
外出先から運転状況を確認してOFFが可能、月々の電気代が確認できるエコ機能が特徴。
まだできることは少ないですが、今後のトレンドになるでしょう。
従来から搭載の、間取りセンサー・人センサー・日照センサーによる省エネで
快適な運転をする「エコナビ」も健在です。

使い分ける「除湿」と「再熱除湿」

「再熱除湿」は、室温を下げずに除湿できる機能です。
温度を下げてしまう「除湿」と異なり、肌寒い梅雨時などには快適に除湿ができます。
湿度を取るために温度を下げた空気をヒーターで暖めるため、その分電気代はかかります。
最近はかなり消費電力が削減されているモデルもありますが、
人が居ない時にも除湿をしたいなら「除湿」と「再熱除湿」が選べる機種がおすすめです。
また、洗濯の室内乾燥に最適な「衣類乾燥モード」や、
結露防止に最適な「結露抑制モード」など、除湿の機能は多彩になっているので、
カタログなどでしっかり確認しておきましょう。

快適性に大きく影響する「気流」

センサー同様に、エアコンの性能を左右するのが「気流」の設計です。
各社、部屋全体に効率よく冷暖房した空気を行き渡らせるため、
ワイド・ロングなど気流の工夫が施されています。
また、フラップを上下左右に動かすことで、
人に風を当てる・当てないなどのコントロールも可能になり、
効率だけでなく快適性の向上にも貢献しています。

うるさら7 Rシリーズ(ダイキン)

天井に沿って気流を遠くまで届かせる「サーキュレーション気流」で、人に直接当たらず、
冷風・温風が部屋の隅々までに素早く行き渡り、快適性を向上しています。

プラズマクラスターエアコン B-SXシリーズ(シャープ)

前面パネル全体を開閉することで実現した15mものロング気流と、
部屋全体を包み込むような気流で温度ムラを軽減しています。